文字サイズ 標準 拡大
MENU

当院でアラガン社のインプラントによる乳房再建を施行された方へのお知らせ

 以前より指摘されておりました、テクスチャードタイプのインプラント挿入部に稀に発生するブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(以下、BIA-ALCL)に関連し、2019年7月24日、アラガン社は同社のエキスパンダーおよびインプラントを世界的に自主回収すると発表しました。


 既にインプラントを挿入されている方にはご心配をおかけしております。BIA-ALCLの発生率は以前より約3300人に1人(0.03%)と報告されており、発生率が急に上昇したわけではありません。日本では1例の報告があります。海外からの報告では、このリンパ腫はインプラントを入れてから平均9年ほどで発生し、インプラント周囲に液体がたまり、大きく腫れてくる症状がでると報告されています。


 当該の乳房インプラントが挿入されている場合であっても、症状のない方に対する予防的なインプラントの摘出は推奨しておりません。その理由は、発症リスクは0.03%と低く、手術に伴う出血等のリスクが上回ると考えられるためです。したがって従来通り、1年に1回程度の定期受診をしていただき、異常を感じた場合には、予約日を早めて直ちに受診をお願いいたします。


 10年以上前に当院で乳房再建術を受け、既に治療が完了している患者様におかれましても、異常を感じた場合には、直ちに当院の乳腺外科担当医の外来受診をお願いいたします。


 今回の件に関する詳細は、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会のホームページより「一般の皆様へ」をご選択いただき、「お知らせ」を参照ください。


http://jopbs.umin.jp/general/index.html



令和元年9月10日
橋本市民病院 院長 嶋田 浩介

ページ上部へ