文字サイズ 標準 拡大
MENU

循環器内科

循環器内科について

診療内容

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、弁膜症、心筋症、心不全、不整脈、高血圧、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症等の循環器疾患全般の診断・治療を行っています。

24時間態勢で、急性心筋梗塞、不安定狭心症等に対する救急治療を積極的に行っています。

平成27年度の入院患者688人で、そのうち循環器疾患は551人(虚血性心疾患53%、不整脈7%、弁膜症8%、心筋症6%)でした。そのうち急性心筋梗塞は123例で、発症24時間以内の68例に対して緊急冠動脈インターベンション治療(PCI)を行いました。再潅流療法以外に330件の冠動脈造影を行い、143例にPCIを施行しました。その他、末梢動脈に対する血管形成術(PTA)8件、永久ペースメーカー植え込み術34件でした。

患者の皆さまへ

急性心筋梗塞や急性心不全、急性大動脈解離などは、冷汗を伴い「胸が締め付けられる」「肩や背中が痛む」「息苦しい」などの自覚症状が急速に悪化していく場合があります。

これらの症状が15分程度続くなら、一刻を争いますので「夜中なら朝まで待とう」とか「休日だから月曜まで待とう」などと考えずに、救急車をお呼びください。

地域の医療機関の皆さまへ

循環器疾患には急性心筋梗塞、不整脈、解離性大動脈などの緊急処置が必要な疾患が多く含まれます。

発症から専門的治療までの時間の長短が予後を左右しますので、病診連携が重要であると考えます。

さらに詳しい情報

データベース事業(NCD症例登録)への参加について

当科は、一般社団法人 National Clinical Databaseが運営する専門医制度と連携したデータベース事業に参加しています。

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
がん診療について
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
CREの対応について
ページ上部へ