文字サイズ 標準 拡大
MENU

心臓血管外科

心臓血管外科について

診療内容

心臓血管外科では心疾患、大動脈瘤、末梢血管疾患、静脈疾患について担当しております。

下肢に難治性病変(潰瘍など)がある場合は、循環器内科、皮膚科、整形外科、代謝内科と連携し治療を行っています。

静脈瘤に対しては主に血管内焼灼術(ラジオ波焼灼術)による低侵襲治療を行っています。

治療についてはできる限りご本人・ご家族のご希望に添えるようにさせていただきます。

患者の皆さまへ

心臓血管外科に初めて受診される患者さんはほとんどの方が不安を感じられていると思います。ご自身がどんな病気なのか、手術をしなければいけないのかなど、不安の理由は様々です。

当科ではまず患者さんの疑問や不安などを解決することから始めます。

その後で治療をどうするのか、ご本人・ご家族と十分に相談を行った上で方針を決定します。

地域の医療機関の皆さまへ

心臓血管外科では心疾患、大動脈瘤、末梢血管疾患、静脈疾患について担当しております。

心臓手術(冠動脈バイパス術、弁膜症手術)や大動脈瘤に対しての人工血管置換術、閉塞性動脈硬化症に対してのバイパス手術、下肢静脈瘤手術などを行います。(当院で手術困難な症例については、和歌山県立医科大学附属病院を初めとしてご紹介させていただいております。また患者さんのご希望の病院へのご紹介も行っております)

下肢静脈瘤については、血管内焼灼術(ラジオ波焼灼術)を導入し、日帰り手術も可能な低侵襲治療を行っております。

下肢に難治性病変(潰瘍など)がある場合も循環器内科、皮膚科、整形外科、代謝内科と連携し治療を行っております。

心臓大血管疾患、末梢血管疾患、静脈疾患のみならず下肢に病変のある方についても、ご紹介にはできる限り対応させていただき、微力ながらも地域医療に貢献させていただけるよう努めます。

対象となる主な疾患

  • 虚血性心疾患、心臓弁膜症、胸部および腹部大動脈瘤などの心臓大血管手術
  • 急性大動脈解離や動脈瘤破裂など緊急性の高い疾患に対する救急対応や緊急手術
  • 閉塞性動脈硬化症などに対する血管内治療やバイパス手術による下肢血行再建術
  • 閉塞性動脈硬化症や糖尿病性血管障害などによる重症阻血肢(CLI)に対する救肢を目的とした下腿下部や足部へのバイパス(distal bypass)手術や阻血性皮膚潰瘍治療
  • 内臓動脈瘤や四肢末梢動脈瘤、バージャー病、急性動脈閉塞などの頭頚部領域を除く末梢動脈疾患に対する診断および外科的治療
  • 静脈瘤やリンパ浮腫などの脈管疾患に対する診断および外科的治療や圧迫療法導入
  • 下肢や足の難治性皮膚潰瘍などの慢性創傷に対する診断および治療
  • 重症阻血肢や糖尿病足病変による大切断回避を目的としたフットケア実践

さらに詳しい情報

データベース事業(NCD症例登録)への参加について

当科は、一般社団法人 National Clinical Databaseが運営する専門医制度と連携したデータベース事業に参加しています。

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
がん診療について
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
CREの対応について
ページ上部へ