文字サイズ 標準 拡大
MENU

病理診断科

病理診断科について

診療内容

病理診断科では、通常の病理検査で行なわれているのと同様、現在は規制対象となっていますホルマリンで臓器を固定し標本を作製の上病理診断を行っています。

現時点で病理検査室はありませんが、今年はいよいよ病理検査室が完成します。病理検査室が完成しますと、検体を切除後そのまま受け取り、固定前、固定後臓器の写真、ミクロ写真等の高画質な写真を外来診察、病棟診察時に見ることができ、疾患の理解、患者さんへの説明に使用できるようになります。

また、現在の治療はオーダーメイド、つまり治療対象の特性を遺伝子、あるいはそれから派生する蛋白の有無を検討して治療効果を予測する方法が増えつつあります。そういった治療方法を取り入れて行きたいと考えております。

本院は件数的に少ないのですが、診断困難な症例が目立っています。診断困難例の場合、免疫染色、特殊染色、螢光染色等を駆使し、それを鏡検して診断しています。

また、細胞診についても組織診との対比をして診断管理もチームワークでやっています。

さらに詳しい情報

データベース事業(NCD症例登録)への参加について

当科は、一般社団法人 National Clinical Databaseが運営する専門医制度と連携したデータベース事業に参加しています。

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
がん診療について
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
CREの対応について
ページ上部へ