文字サイズ 標準 拡大
MENU

皮膚科

皮膚科について

診療内容

アトピー性皮膚炎、水虫などの皮膚の炎症、感染症から皮膚の腫瘍などの皮膚科疾患一般の診療を行っております。

周辺に皮膚科専門の開業医の数が少ないため、common skin diseases中心ですが、原因究明のため血液検査やDLST検査、金属パッチテストなどの貼付試験、皮内反応などを可能な限り行っています。病理組織学的検査により診断精度の上がることが期待できる症例に関しては、積極的に皮膚生検検査や外来で行える範囲での小切除も行っています。

平成24年11月より紫外線治療機器が導入となり、尋常性乾癬や菌状息肉症などの皮膚疾患に対して光線療法を行えるようになりました。

また、他科と連携し褥瘡をはじめ入院中の皮膚疾患に対しても積極的にかかわり治療に携わっています。入院加療が必要な場合(熱傷、帯状疱疹、薬疹など)は入院による加療も行っています。

患者の皆さまへ

アトピー性皮膚炎、水虫などの皮膚の炎症、感染症から皮膚の腫瘍などの皮膚に生じる疾患全般の診療を行っております。

地域の医療機関の皆さまへ

御紹介には出来うる限り対応させていただき、地域医療に貢献致したく思っております。

皮膚疾患全般に関してご相談ください。

対象となる主な疾患

  • 皮膚科一般

さらに詳しい情報

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
がん診療について
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
CREの対応について
ページ上部へ