文字サイズ 標準 拡大
MENU

放射線科

放射線科について

診療内容

当科は画像診断、アンギオ撮影、TAE、動注などのIVR、放射線治療などを行っています。

画像診断は、X線、CT、MRI、RI、血管造影検査などによって、得られた画像を読影して、病気の診断をします。血管造影では、診断だけでなく、肺、肝、膀胱、子宮などの臓器に対して、塞栓術(ジェルパート、コイルなど)、抗癌剤の動注、リザーバー留置、なども行っています。

部位は、頭部、肺、肝、子宮、前立腺など多岐にわたっています。CTシミュレーターのため、照射部位がしぼれ、周囲の照射による副作用を軽減でき、しいては、照射線量を増加させることができます。例えば、前立腺は透視シミュレーターの場合は約60Gyであるが、当院では、72Gyまで照射しています。

地域の医療機関の皆さまへ

開業医の先生方よりの画像紹介につきましては、当日に所見を返却させていただいています。

又、当日の画像依頼につきましても、できる限り対応させていただきます。

対象となる主な疾患

  • 前立腺癌
  • 乳癌
  • 膀胱癌
  • 肺癌
  • 悪性リンパ腫
  • 転移性骨腫瘍
  • セミノーマ
  • 顎下腺癌
  • 口蓋悪性腫瘍
  • 肝細胞癌
  • 大腸癌
  • 膵癌
  • 消化管出血
  • 胆のう癌
  • 胆管細胞癌
  • その他悪性腫瘍

さらに詳しい情報

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
がん診療について
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
CREの対応について
ページ上部へ