文字サイズ 標準 拡大
MENU

整形外科

整形外科について

診療内容

当院は日本整形外科学会認定研修施設および日本手外科学会認定基幹研修施設に指定されております。

外来患者は関節疾患、脊椎疾患、外傷と多岐にわたりますが、腰痛、膝関節痛が多くを占めます。

各スタッフは積極的に各専門分野の学会参加を行い、臨床現場にフィードバックしています。特殊検査として、3D-CT、MRI、MRA、神経伝導速度検査、関節造影、骨シンチグラム、脊髄腔造影などがあり、特殊な骨折、脊椎疾患、骨腫瘍、感染性疾患、末梢神経障害などの診断に有用です。治療方針については、週2回のカンファレンスを行い、検査・治療について相談しながら進めています。

この地域で最も多い外傷疾患は大腿骨近位部骨折であり、標準化した治療を患者さんに提供しています。

手外科では上肢外傷(骨折、腱断裂、靱帯断裂、切断肢指、広範皮膚欠損創など)、拘扼性神経障害(手根管症候群、肘部管症候群など)、腱鞘炎、手関節および手指の関節疾患に対し、手術治療および保存的治療を行います。

関節外科として、人工股関節置換術、人工膝関節置換術、人工肘関節置換術、足関節固定術などを行います。また膝半月板損傷に対し関節鏡手術を行います。

脊椎疾患では腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症が多く、様々な保存的治療、手術治療を提供することが可能です。

一般的に高齢者は既往症も多く、周術期の合併症が起こりやすいと言われておりますが、他科と連携し、合併症の発症が最小限となるように努力しています。高齢化社会が進み、健康長寿の重要性が語られる現在、整形外科が社会に担う割合は増加しています。高齢者の骨粗鬆症を背景とした脊椎圧迫骨折、大腿骨近位部骨折、手関節周囲骨折においては、全身管理、骨粗鬆症治療を含めた集学的な治療を行い、日常生活動作の程度を低下させないように心がけています。

対象となる主な疾患

症候分類

四肢外傷、脊椎脊髄疾患、関節疾患、炎症性疾患、手外科、小児整形、骨粗鬆症、スポーツ整形

具体的傷病名

骨折、脱臼、靭帯損傷、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頚部脊髄症、脊椎脊髄損傷、変形性関節症、慢性関節リウマチ、骨頭壊死、化膿性関節炎、骨髄炎、腱損傷、末梢神経麻痺、先天性股関節脱臼、脊柱側弯症、骨粗鬆症、膝半月板損傷、膝靭帯損傷

地域の医療機関の皆さまへ

代表的な手術症例にはクリティカルパス(※)を運用し、チーム医療のもと、早期離床、早期退院をめざし、早期の社会復帰をこころがけています。手術が必要な患者さんも保存的治療が必要な患者さんもたくさん御紹介ください。よろしくお願いします。

※クリティカルパス:入院から退院までの標準的な治療スケジュールや治療目標を定める治療の『工程表』

さらに詳しい情報

患者の皆さまへ
診療時間
診療科
外来受診について
外来担当表
入院のご案内
お産のご案内
がん診療について
連携登録医について
後発医薬品について
健診センターのご案内
橋本市民病院健康セミナー
はしもと市民病院だより
橋本市訪問看護ステーション
はしもとCaféミーティング
宗教上の理由等で輸血を拒否される方へ
救急受診患者さんへのお願い
もしものときのために
CREの対応について
ページ上部へ